• PDFに直接、テキストを書き込めるソフトについて調べた


    仕事上PDFデータの扱いはほとんど必須です。しかし、そこまで多用ではない場合、PDF編集用に有料ソフトを買うなんてちょっともったいない気がしますね。

    そこで今回は、無料でPDFデータにテキストを書き込めるソフトについて紹介します。

    PDFを扱う者として知っておきたい知識としては、テキストの追記方法には2通りあるということ。一つは編集機能を使ってPDFそのものに加筆する方法でもう一つは注釈ツールの「テキスト注釈」を使う方法です。

    前者はPDFデータ上にテキストボックスを追加して編集。

    Adobe Reader等のビューワーにもきちんと表示されるので、メールでのやり取りの為等、誰かに譲渡する場合は、相手方の対応を選ばないこちらの方法が親切ですね。
    後者の方法は、直接的な編集ではなく、PDF上にレイヤーを重ねて書き込むので、表示のオンオフが選択できる。

    どちらも見た目的には見分けはつかないので、用途にあった使い方をおすすめします。

    まずは、「テキスト注釈」機能をつかったPDFソフトをご紹介します。


     

    PDF-XChange Viewer


    画像1
    日本語対応の海外製ソフトなので、英語等をメインにしている方にはオススメです。

    次は「テキスト追加」による¥PDF編集ソフト。

     

    「かんたんPDF EDIT」


    画像2
     

    開いたファイルの文字データが自動的にテキストボックスとして生成されるので、手早く編集をすることができます。

    ちなみにPDFにパスワードが掛かっていて編集できない、という場合は、(そのPDFファイルが自分のものであることが前提ですが)パスワードを解析する必要がありますね。こちらの記事によると、PDFにはAES形式のパスワードが掛かっているみたいなので、AESパスワードに対応した解析ソフトが必要です。

    いかがですか?PDFの無料編集ソフトはなかなかないので、是非使ってみてくださいね!

  • SurfacePROを仕事用途で使っている人っているの?調べてみた

    画像①
     
    タブレットとしても使えるPCとして、最近よく見かけるSurfacePRO。私も店頭で試験機を触ってみました。なんとまあ、すごく軽い!そして見た目的には色バリエーションが多くてお洒落だなーという印象でした。

    軽いから持ち運びに便利なんだろうけど、外出先や仕事用として、機能的に使えるんだろうか…という疑問、みなさんも思っていませんか?

    まず再確認したいのは、持ち歩いているのは、「タブレット」ではない!」ということ。タブレット端末では制限されたソフトも、SurfacePROは「PC」なのでいつでもどこでも制限なく使うことができるようです。

    WordやExcelなど、タブレットでは編集できないことが多いソフトをよく使用するユーザーにとっては、これは嬉しい点ですね!これはPCなんだ!と思ったら、一気に使い方の幅が広がりますね。タブレットでは閲覧しかできないけど、これだったらその場で編集もできる。動作反応速度も早い。アカウント管理ができる。

    また容量も意外とあるので動画をダウンロードして保存しておくのにも意外と向いていたりします。ただ、容量の問題もあるので保存しておくなら、MP4形式がお勧めです。

    参考:FC2動画にあるMP4形式動画とFLV形式動画の違いって?
    http://www.fc2-downloader.com/284.html


    PCに、タブレットの手軽さを与えたSurfacePRO。使い方はあなた次第です!

  • Windows10でInternetExplorerがなくなる? Spartanブラウザとは

    2015年中には発売されるというWindows10、ここでなんとIE(InternetExplorer)がなくなるんだとか。
    IEを愛用している者としてはどうしようというか、なんとかならないのかといった気分です。

    なぜIEがなくなるの?


    厳密に言えばなくなるわけではなく、Windows10には「IE」と「Spartan」というブラウザが搭載され、これから「Spartan」に移行していくのだそうです。
    IEは多くの企業やユーザーに愛用されていますので、急に廃止されても困りますよね。

    いままでIEは、昔の古いIEとの互換性を保ちながらもより使いやすく、また新しい時代にあわせて何度かバージョンアップを行ってきました。
    しかしこれより未来、その互換性を保つことが難しくなるだろうと予想されたのだそうです。

    そこで古いIEを捨てて、新しいブラウザ「Spartan」を開発したのだとか。「Spartan」は従来のIEと違い、パソコンとスマホでブラウザの表示に違いがなく、サイズが異なる機器で表示しても全く同じ画面が表示されるとのこと。スマホに対応ってところが、とても「新しいブラウザ!」という感じがしますね。

    詳しい情報はまだ公開されていないようですが、IEは現在のIE11からバージョンアップするかもちょっとあやしい状態。

    まだ実感が沸きませんが、これから「Spartan」の時代が到来するのでしょうか。とりあえず「Spartan」を使ってみてから今後を考えたいところですが、企業などでIEを利用している場合は、今から対策を練った方がいいのかもしれません。